読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国での収穫物(第3弾)

ロンドンでの収穫品第3弾。

ハケットのネイビースーツです。


f:id:brimania:20160923154502j:plain


冬物のウール素材。

生地はフォックスブラザーズです。

f:id:brimania:20160923154923j:plain


価格は1000ポンドですので

タックスリファンド後の日本価格で13ほどです。

高かったですが

フォックスのスーツが前々から欲しかったのと

ネイビーのウールスーツを狙っていたのが

重なり、購入を決意。

おかげで購入予定が

かなり狂ってしまいましたが

大満足です。


素材の良さが生地感から滲み出ています。

肩パットも入ってますが、

適度な軽やかさがあります。

シルエットもキレイで

エドグリのチェルシーとも

バッチリ合いそうです。

これから最低10年は着れるスーツ。

ハケットで生地バンチを見るたびに

「いいなあ」「欲しいなあ」

と思ってました。

これでもうスーツは夏冬共に

ほとんど買い揃えた感じですね。

あとは冬物ネイビージャケット

でしょうか。

(まだ買うのかい!)

今のところネイビージャケットは

コーデュロイのものしかなく

ネイビーの濃淡を変えていくつか

持っておきたいところです。

ですが、最近買いすぎなので

しばらく自重します。

英国での収穫品(第2弾)

英国での収穫品第2弾です。


f:id:brimania:20160914162653j:plain


購入場所は

ロンドンのリージェントストリート店。

価格はイギリスポンドで650

タックスリファンド後で日本円にして7.5万ほど。


中地はイタリア生地のカノニコ。


f:id:brimania:20160914162646j:plain


f:id:brimania:20160914162630j:plain


中に紐があり、これを引っ張ると

わき腹の辺りが締まり、

シルエットが細身に見えます。

一見して薄手のように見えますが

中に厚手のニットなどを着こんでも

シルエットをキープできます。

1月から3月まではカジュアルスタイルが多くなるので

その時期に重宝しそうです。


アウターは

1 グレンフェルのトレンチ(ネイビー) 
(2014年11月くらいにヴァルカナイズ丸の内店で購入、未公開)

2 グレンフェルのダッフル
(2015年11月くらいにヴァルカナイズ丸の内店で購入、公開済み)

britishlover.hatenablog.com


3 同じくグレンフェルの黒のジャケット 
(2015年3月バーニーズニューヨークアウトレットで購入、公開済み)

britishlover.hatenablog.com


4 黒のバブアー 
(2013年くらいにハケット丸の内店で購入、未公開)


5 ハケットのオイルドジャケット
(ハケット丸の内店で2年ほど前に購入、未公開)

6 ハケットのダークブラウンコート 
(ハケット丸の内店で2年ほど前に購入、未公開)

7 ラベンハムのウールトレンチ 
伊勢丹で3年ほど前に購入、未公開)



我ながらこうしてみると結構、揃ってきました。

しかし

出来ればあとスーツの上に着る

ネイビーのアウターが欲しいなと考えてます。

買いすぎか、、、、


未公開のものについては

今冬中にいくつか紹介します。

英国での収穫品(第一弾)

念願のノーサンプトン初訪問。

その時に購入した

エドワードグリーンのチェルシーです。

f:id:brimania:20160914161718j:plain


f:id:brimania:20160914161636j:plain


少し皺が入ってしまっていますが

このくらいは許容範囲内です。



エドグリのチェルシーは買おう買おうと思って

日本での価格の高さゆえに

最後の一歩が踏み出せずにいました。

今回の購入価格はイギリスポンドで600.

タックスリファンド入れて日本円で7万ほどでしょうか。


ノーサンプトンのファクトリーで

ダークオークチェルシー

があったのはまさに奇跡でした。

サイズは6.

写真はブリフトアッシュで

初期メンテしてもらい

つま先が鏡面磨きになっています。

ラストは202

インソールは旧式のロゴ。


f:id:brimania:20160914161659j:plain


なので、生産されて、

ファクトリーにかなり長い間

保管されていたんだと思います。

靴を磨いてもらった際、

ブリフトアッシュの方も革が

乾いていると言ってました。



ちなみに他の方のブログでも書かれていましたが

発音は

ノーサンプトン

ではないかと思います。

ロンドンのユーストン駅のアナウンスでも

ノーザンプトン

ではなく

ノーサンプトン

と発音されていました。


そして

購入直後の更新でも言及しましたが

britishlover.hatenablog.com

ファクトリー訪問に際して

特に予約は必要なく

いつでも好きな時に訪問できるそうです。

なので、

みなさん気兼ねなく行っちゃいましょう。

ハケットロンドンのアウター

これで英国滞在中の買い物はほぼ終了です。

今日はハケットのリージェントストリート店

でアウタージャケットをゲットしました。

写真は帰国後にまとめて載せます。


我ながら良い買い物しました。

トリッカーズ手に入れられなかったのは

残念ですが、チャーチのスウェード

チェットウィンドがあるので

しばらくはカジュアルシューズは

必要ありません。


これ以上の買い物は自重します。

他に欲しいものはあるのですが、、、

速報(エドワードグリーンのチェルシーinノーサンプトン)

本日、ノーサンプトンで靴を購入しました。

写真は部屋の明かりが暗いので、帰国したら載せます。

なので、今日はとりあえず速報ということで。


ノーサンプトンの写真などは、他の方々も

ブログで紹介されているので、こちらでは載せません。

なぜわざわざ速報するのかというと、

お店の方に告知してほしいと頼まれたことがあるから。


私が購入したのはエドワードグリーンのチェルシーですが

今回の訪問前、他の方のブログを参考にして

事前予約をしようと電話したのですが、予約は必要ないから

いつでも好きな時に来ても問題ないといわれました。

ファクトリーショップに来るほとんどの方が予約が必要だと

勘違いしてくるらしいですが、実際は必要ないとのことです。


私が現在、滞在しているのはイギリスの南方の町ブライトン。

ブライトンからロンドンまではコーチで移動。

そこからノーサンプトンまでは電車で向かいました。

その後、真っ先にエドワードグリーンのショップへ。

ショップに入るとマイサイズのチェルシーを発見、即購入と相成りました。


価格はちょっと高めで595ポンド。

エドグリのショップの価格帯は2つあり、

一つは美品で私が購入した595ポンドのライン。

そしてちょっとした傷があるものに関しては395ポンド。

モデルは自分のサイズのところしか細かく見ていませんが

各サイズそれなりに種類がそろっています。

マイサイズの6はチェルシーバークレードーバーなど

揃っていましたが、ダークオークは今回購入した一点のみ。

運が良かったです。

ロンドンで買わずにわざわざノーサンプトンまで来た労力を

考えると少し高めですが、それでも日本価格の半額以下で

購入できたので良しとします。


今回の訪問で感じたのですが、エドワードグリーンのショップは

他のショップとは異なり、自分で勝手に入って

購入することが出来ない形になっているため

事前予約という誤解が生まれてしまったのではないでしょうか。

確かなことはわかりませんが、

店の方も事前予約が必要だなんて一回も言っていないのに

なぜこのようなことになったのか分からないと話していました。

それでも今回のように訪問が8月頃になる場合は

ショップ自体が夏休みに入っていることも考えられるので

開いているかどうかの確認くらいは電話でしたほうがいいかもしれませんし

そのついでに予約が必要か再確認をしておいたほうがいいかもしれません。

実際、8月上旬にショップに電話したら夏休みで誰も出ませんでした。



私が購入したチェルシーは帰国後に写真を載せます。

次回、更新はハケットです。

やってしまった

買うつもりがなかったのに

やってしまいました。


前の更新で書いた、購入予定一覧。

早くも予定が狂ってしまいました。


数日前からハケットのスーツが気になりはじめたのが事の発端。

昨日、ロンドンに立ち寄った時にリージェントストリート沿い

のハケット店で試着だけと固く心に決めていたのですが

最後の一点という言葉に惑わされ買ってしまいました。


お店の店員もすごくジェントルマンで、カッコいい!

なぜ買ってしまったのかというと

もちろん日本の価格よりも確実に安いだろうという

確信もあったのですが、

スーツ生地がフォックスブラザーズであったこと。


この生地、フラノのため、夏は暑くて着れず

完全に冬向きの生地ですが

前々からいつかこの生地のスーツが欲しいと

思っていました。


価格は1000ポンドほど。

日本で買えば確実に15万以上するスーツです。

(ハケット銀座のスーツを見てると18万くらいしても

おかしくないかも)

今のレートならタックスリファンドを入れて12万ほどで

購入できたことになります。


直しの完成は25日。

帰国が9月9日なので、まだ十分に間に合います。


今回の購入でトリッカーズは購入できなくなります。

エドワードグリーンは譲れません(笑)


受け取り後、こちらで披露します。

これから購入するもの

来月、、、

というかもう一週間もありませんが、

8月3日から一か月以上、英国に滞在します。

帰国は9月9日です。

今回の滞在は旅行も含んでますが、

私自身、英国にはもう何回も行ってますので、

もはや観光するような場所はありません。

なので、仕事8割、旅行2割といったところでしょうか。


8月上旬から中旬にかけてかなりの自由時間があるので

その間に、行きたいところを周ってみる予定です。


今回の旅行で購入する予定のもの、購入場所を並べてみたいと思います。

1. エドワードグリーンのチェルシーダークオークノーサンプトンにあれば)

  価格は過去に購入された方の情報を見ると450ポンドほどでしょうか。

  なければロンドン市内で購入。

2. トリッカーズのバートン(ノーサンプトンにあれば)

  価格は250ポンドほど?

  なければ同じくロンドン市内で。

この2つがノーサンプトンのファクトリーにあるかは運次第です。

できればノーサンプトンにあればいいのですが、、、、、

3. ジョンスメドレーのニット(ロンドン市内)

  今回はファクトリーに行っている時間はありません。

  ジョンスメのニットだけを目的に行くのは辛い。

  しかも、今回はポロシャツ、カーディガンの定番色がターゲット

  なのでファクトリーにはないでしょう。

これから先に挙げるのは、マストバイのものではありませんが

気に入ったものがあれば買います。

4. ハケットロンドンのシャツ、ネクタイ(ビスタ―ヴィレッジ)

5. チャーチの靴(ビスタ―ヴィレッジ)

  これは買うのか微妙なところ。

  トリッカーズのバートンがノーサンプトンになければ

  チャーチかトリッカーズで悩むことになります。

6. ターンブル&アッサーのネクタイ(ロンドン市内)

  ロンドン市内の店舗で売られているシャツはイギリス人仕様で
 
  私に合うサイズがありません。

  なのでT&Aはネクタイのみ。

7. ドレイクスのタイ(ロンドン市内のファクトリー)

  ドレイクスのファクトリーは市内にあります。

  気に入ったものがあればいいな。

8. マーガレット・ハウエルのニット、シャツ

  日本のハウエルは代理店のアングローバルが展開。

  商品展開はオンラインショップを見る限り、

  ほとんど違う。

  ロンドンのハウエルは日本のものよりもかなり割高ですが

  予算が余ってれば買いたい。

8. その他、日用品

  家で使用しているトゥルーフィット&ヒルのグルーミング用品

  が底をついているので、帰りの荷物に支障のない範囲で購入したい。


間違いなく買うのは1~3まで。

ファクトリーやアウトレットで購入できなくても

日本で買うよりはかなり安いので、ロンドン市内の正規店

であっても必ず購入します。

しかし4以降は微妙。

ネクタイやシャツなどは気に入ったものがあるか分かりませんし、

実際、行ってみて意外なものが気になったりもするものです。


円高になった今、最重要は靴。

日本の代理店は値下げをほとんどしてくれないので、

もはや日本でイギリス靴を買うことはほとんどないでしょう。


今回は香港経由で向かうことになります。

香港滞在は1日くらいしかないので、ホテルから近ければ

タッセルズにも行ってみたいですね。