読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高いものを買うのは本当に長い目で見て得か(革靴メイン)

よく高い買い物をするとき

「高いものっは良質なもので長く使えるから長い目で見たら安い

買い物になるはずだ」

と自分に言い聞かせて買い物をする方がいると思います。

でもこれって今の私の感覚とは違うかなっと思います。


私も最初はそう自分に言い聞かせて、

自分を納得させて高い買い物をしていました。

でも、途中でなんか違和感を感じ始めて、

結局、靴にしても服にしても自分を満足させてくれるもの

自分のモチベーションを上げてくれるもの、

自分の個性を表現するツールでしかないことに気づきました。


いやもちろん、高いものは良い素材を使っているから

長く使えるというのは間違いではないと思います。

一足7万ほどしたチャーチの靴は確かに10年くらい、

丁寧にメンテナンスをすれば20年は履けるかもしれません。


しかし、それが結果的に安くなるかは疑問です。


靴でいえば、10~20年履くためには、ローテーションを組む必要があります。

一週間の内、5日が仕事で革靴を履くとして、ローテを組むためには最低4足が必要です。


そして、2~3年に一回、オールソールでさらに一足1~1.5万ほどの出費が必要となります。

現在のチャーチクラスの価格でローテ靴をそろえた場合、

一足10万×4=40万

10年履くことを想定した場合のメンテ代(2年に一回のオールソール)最低1万×5×4(靴の数)=20万

合計60万。


実際、チャーチよりも安く手に入る本格靴もありますが、

大体1足5万くらいだとしてもメンテにかかる費用はほとんど変わらないわけですから

合計40万くらいはかかるということです。


これはあくまで4足でローテした場合です。

実際は雨靴も含めて7足くらいはあったほうが理想ですよね。

ジョンロブなんかでローテ靴を作った場合なんて

イギリスで購入しても総額60万以上は確実にするでしょう。


一方、

1足1~2万の靴の場合、

当然、毎日同じ靴を履いていれば

一年ほどで履けなくなってしまいます。

しかし、安い靴でもしっかりローテを組んで

メンテナンすれば3年から4年は履けるでしょう。


一足1万~2万 × 4(ローテ) ×3(10年で4足ローテ

を三回更新することを想定)

*3年周期なのでオールソールはなし

合計12~24万


いかがでしょうか?

高い靴を買ったからと言っても

それが最終的に安い買い物になるわけではない

ということがいえるのではないでしょうか。


しかも、本格靴を購入する際について回るのが

革質の当たりハズレ。

私も、これまで何足も靴を購入し、革質、

もしくはサイズなどが合わず

売却などしてきました。

特に素人には購入前、試着段階で、

適正なサイズ感や革質を見極めるのは至難の業です。

結局、自分に合う靴を見つけるには経験が必要で、

それには投資が必要になります。

最終的にローテ靴(4~5足)を見つけるには

以上に挙げた価格以上の経費が必要になるのではないでしょうか。


ちなみにジョンロブは履いたことがありませんが、いろいろな方(ブログ)

の意見を見てると、このクラスの革靴を履く場合、革質の個体差はあるものの

高いレベルでの個体差で、ジョンロブで革質が悪いということはないようですね。



それでは、なぜ高い買い物をするのか?

確かに、

人から良く思われたい、

かっこよく思われたい

という思いは私にもないわけではないです。

出勤時に周りのサラリーマンが履いている靴を見て、

自分のと見比べて優越感に浸るというのもなくはないです。

っていうか、これは完全否定できません。


しかし、

出勤時に他の人が履いている靴を見て、

私の場合、残念というか、もったいないというような気持になります。

仮にその人が上半身を上品にコーディネートしているのに

靴までケアがされていなかったりすると、

「ああ、この人はそこまで注意が行き届いていなかったんだな」

と感じていしまいます。


あと、私の場合、服は日常を楽しむツールとしての感覚のほうが強いです。

毎日、同じような靴を履いて、毎日同じような白シャツをきて出勤するのではなく、

平凡な毎日に変化を与えてくれるものとして、私は楽しんでいます。

「昨日はこのネクタイとシャツを着たけど、

今日は雨だから明るめにまとめよう」etc


出勤時にシャツと合わせるネクタイを選ぶのに煩わしさを感じることなく

むしろ楽しめるようになりました。

良いものを着ると周りの目が変わるというのもありますが、

私の場合、それは二次的なもので、良いものを着ると

自然と自分も変わらなければ、自分が今着ているものに見合うだけの

人間にならなければと思うようになります。

私の意識が変わることで周りの見る目が変わっていくのではないでしょうか。


10年ほど前のドラマ『花より男子』で

「いい靴を履けば素敵な場所へとその靴が連れて行ってくれる」

といったようなセリフがありましたが

これも一理あると思います。

ただいくら高いものを履いたり、着たりしても

自分の意識が変わらなければ意味がないんですよね。


ただ自分の身の丈に合わないものはNGです。

自分の上司に合うのに、自分が着てる服が上司よりはるかに高かったら

嫌味でしかありません。

私は服や靴を買うとき、相手に不快感を与えないような服装、

そして、それでいて自分の個性を出すことができるような服装を

心がけています。

そして、長く大切にメンテナンスをしながら使うことを想定し、

10年後、20年後の自分をイメージして服を購入するようにしています。

値段的にめちゃくちゃ背伸びをしているわけではないけど

ちょっと高いくらいのものを購入し、それを大切に着ていく。

そうすれば10年後にはきっと服が自分に「合わせて」

きてくれる。

ブリティッシュはそんな私にとって理想のスタイルです。


高いものには高いなりの理由はあります。

しかし、高いものを買って、結局、それが安い買い物になるという理屈は

高い買い物をした自分を正当化しているだけのような気がします。

ジョンロブやエドワードグリーンクラスの

靴を10足以上持っていて、

「安い靴を履き潰すほどで金持ちじゃない」

というのはいささか強引。

いやいや、金がなければ、普通は靴一足に

10万以上かけられませんから。

ジョンロブをお持ちの時点で

程度の差はあれ、

それなりに恵まれた方なのではないでしょうか。

私自身もチャーチの靴を複数足所有することができてるわけですから

一般的な感覚で言ったら、

それなりに恵まれているほうなのかもしてません。


私の場合、ジョンロブはさすがに手が出ない

というか、私の身の丈に合ってない。

イギリスのファクトリーです買えば

買えなくはないですが、、、

今はどうしてもエドワードグリーンが

気になっているので購入を真剣に

考えてますが、一足が限界です。

そして買おう買おうと思い続け、早5年経過w w


「人から消耗品の靴に思い続けを10万も

お金をかけられる気持ちが分からない。」

もしくは他人から金持ちといわれた時

自分を正当化する際の決まり文句。

「安い靴を買っても最終的には高い買い物になる」

というのは正論なのでしょうか。

はっきり

「安い靴を買っても物欲が満たされない」

「自分の好みじゃない」

と言えば良いと思うのですが、、、

人は高い買い物をする際、私も含めてですが

必死に購入を正当化しようとします。

ただ、高いものが結果的に安くなるという論理は

強引で説得力に欠けているのではないでしょうか。




結局、高い買い物をするとき、

何を基準に買うのが正解なのか?

当然、そこには長く使えるかという

基準は入りますが

高い靴を買っても安上がりになるということは

ないわけですから購入する際は

それ以上のモチベーションが必要になります。



長く使えるか、というのも重要ですが

私の場合、同時に自分が楽しめるか、

がさらに重要となります。

人を尊重したうえで、自分を表現でき、

日常に変化を与えるツールとして

そしてモノに対する愛着を持つことで

自分の意識を向上させるツールとして

私はファッションを楽しんでいます。


高い靴を買う理由

それは値段になる見合うだけの価値を

その靴に見いだせるか。

私は今のチャーチは高いですが

購入当時の価格の価値があるものと

認識した上で

購入しています。

物欲や、高いものを購入したこと

で芽生えるモノに対する愛着。

要はその値段に対する価値がないと思えば

買わなければいいのです。

高いものは長く使っても高い。

ただ高いものを買えば

人はそれを大事に使うようになります。

そこから精神的ゆとりが生まれ、

そのモノが所有者の人となりを表すように

なるのではないでしょうか。