読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーランドシェリースーツ+イギリス製ハケットシャツ

本日、ようやく2月にオーダーしたスーツが完成したので

ハケットに取りに行ってきました。



オーダーしたのが2月なので、

半年弱かかりました。

3か月で完成の予定だったのですが

サイズ調整を2回ほどしたために

ここまで時間がかかってしまいました。

f:id:brimania:20160728013337j:plain


明るめグレーのグレンチェック。

生地はホーランドシェリー。

裏地は明るめで光沢感のあるネイビー。

袖は本切羽にしています。


f:id:brimania:20160728013944j:plain

(写真が、、、、)

この雑なギザギザしたボタンホールは

手縫いの証拠でしょうか。


肩パットもしっかりと入っており

シルエットも構築的。


家で着てみて、妻に言われた一言。

「スーツに着られてる感じがする」

ちょっと年齢的にまだ早かったかな?


でも明るめグレーのグレンチェックスーツは持っておらず

試しに一着は欲しかった。

別に外で着られないレベルではないので

スーツと共に年を重ね、

いつかこのスーツが似合う男になりたいものです。


そしてこのスーツと共に合わせようと思って買ったのが

ハケットのイギリス製シャツ。

f:id:brimania:20160728013755j:plain

f:id:brimania:20160728013838j:plain

f:id:brimania:20160728013912j:plain


写真は同じくハケットのタイと合わせています。

イギリス製のシャツは

ターンブル&アッサーを数着所有。

値段はT&Aくらいしますが、

これも試しに着てみて耐久性など

満足感が得られれば

今後も少しずつ買い揃えて

いきたいと思います。


まだ試着段階ですが

着心地は快適。

生地も凄く柔らかいですが、

それでいてイタリアスーツみたいな

柔らかさはないです。


着てみて感じたのですが

ハケットのスーツオーダーは日本製の場合と

イギリス製の場合とで若干、

シルエットが異なる感じです。

日本製のスーツオーダーの場合

チェルシーとメイフェアという

二つのライン(?)があり

それぞれシルエットも異なります。

私が好きだったメイフェアは

チェルシーよりもシルエットも細身。

ウェストの辺りがより明確に

絞られてる感じがします。


イギリス製オーダーの場合ですと、

この2つのラインがなくなり

シルエットもよりクラシックな

感じになるそうです。

私はメイフェアのシルエットが

気に入っていたので

それに近づけようとサイズ調整を2回も

お願いすることになってしまいました。


総合的には今回のオーダーの

満足度は70パーセント。

オーダーの難しさは完成形が見えないことですが

オーダーしないと分からないこと、

オーダーして勉強することも

たくさんあります。

これから試運転を繰り返し、

このスーツが私に合わせてきて

くれることを祈って

大事に着ていきたいと思います。


そして、次回のターゲットは

イギリス製ネイビージャケットのオーダー。

あと冬用のスーツ、ジャケットを

数着オーダーしたいと思います。