読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬のアウター(ラベンハムのウールトレンチ)

前回の更新で英国での購入記録は終了です。

靴1足、アウター1着、スーツ1着、カフリンクス1個

さすがに買いすぎました。


そんなわけでしばらくは

手持ちの冬のアウターを紹介します。

ラベンハムのウールトレンチです。

f:id:brimania:20161005180029j:plain



f:id:brimania:20161005180021j:plain


購入は3年ほど前。

場所は伊勢丹です。

このラベンハムは伊勢丹の別注です。

ラベンハムと言えば

キルティングが定番ですが、

冬の通勤時に至る所で目にするキルティングジャケット。

ブランドは様々ですが

アローズやシップスなど、中には

アウトレット専売品のものもあります。


少し他の人と違うものが欲しいと思っていた時に

伊勢丹で偶然目にしたのがこのコートです。

あまりの欲しさに即購入となりました。

ウールなので真冬でもこれがあれば問題なし。

主にスーツスタイルではなく、ジャケパンスタイル時に

着用しています。

トレンチなので腰回りの調節が可能です。


東京では肌寒かったり、暑くなったり

仕事着に迷う日々が続いてますが

あと数週間(数日?)もすればジャケットが必要になるでしょう。

私の場合、

マフラーは首回りがムズ痒くなるのが嫌いであまりしません。

その代わり、ネクタイで首回りを締めることで

極力暖かくしています。


もともと寒さには強いので

私は真冬でもこれでコートを着れば十分。

これまで一本調子だった服装からも解放され、

ネクタイ、ジャケットで変化を付けられるのが楽しみ。

そして、あと2ヶ月もすればいよいよコートの出番。

夏は嫌いなので

個人的には冬の到来歓迎です。