読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハケット×フォックスのスプリングコート

買うつもり無かったのにまたやってしまった。

今日はハケットロンドン銀座に

先日オーダーしたスーツを取りに行きました。


それが何故かスプリングコートを買うことに。

事の発端は2週間ほど前。

ハケットから私好みのアウターが

限定で入ってくることを聞いていました。

ホームページやハガキで情報は聞いていて

実物を試着もして欲しいなぁとは思ってました。

試着したのが一週間前。

ですが、スーツのオーダーの支払いもあり、

金銭的に厳しいと判断。

今回は見送ろうと決断。


それがまさかの購入です。

それがこちら。

f:id:brimania:20170403020531j:plain

衣装部屋にて撮影。

なんかごちゃごちゃしていてすいません。

靴はチャーチのスェードです。


f:id:brimania:20170403020628j:plain

この色合いがたまりません。

色はロイヤルブルー。


「グレンフェルで同じ色のダッフルコートが

あるやん。」


ご指摘はご最も。


「1年で何回着るだろうか?」


私の仕事柄、4月から7月と9月から1月は

完全ビジネススタイル。

これを着ることを想定した場合、

カジュアルスタイルで着ることになる。

そうなると着る時期はかなり限定される

わけです。

私が購入を見送る決断をしたのは

このような理由からでした。


しかし、そんな私の考えを吹っ飛ばすほどの

魅力がこのコートにはありました。


f:id:brimania:20170403021002j:plain


ハケットロンドンとフォックスアンブレラの

ダブルネーム。英国製です。

いや、これに関しては

下調べ時から知ってましたよ。

そして生地がバブアーのミラーレイン社の

ものを採用していることも。


f:id:brimania:20170403021037j:plain

バブアーはオイルドジャケットですが、

こちらは普通のコットンです。


購入に至った最大の理由は

パッカブル、つまり畳んでスーツケースなどの

中に収納できること。




私の場合、夏にイギリスに行くこともあるので

スーツケースに入れて旅行先に気軽に持っていける

アウターは貴重です。




ハケットとフォックスのダブルネーム。

英国製、色合い。

かなり私好みで、断腸の思いで諦めたつもり

でしたが、もうどうでも良くなってしまいました。


かなり無理して購入したので、

もう暫くは何も購入出来ません。

ですが、後悔はしてません。

お金は後で帳尻合わせるとして、

これからまた仕事を頑張ります。


今日受け取ったスーツの仕上がりは

また後日。

こちらも大満足の仕上がりでした。