読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国靴の内外価格差

私の場合、靴は英国靴が占めていますが

最近の国内の英国靴の価格の高さは

目に余るものがあります。


私が愛用しているチャーチは

最近の円高の傾向から値下がりしましたが

それでも依然として9万前後です。

そんなチャーチの英国での価格は

400ポンド前後。

英国本国で購入できれば

タックス10パーセント程が

引かれるので360ポンドくらいで手に入ります。

つまり現在の為替レート

(クレジット会社の手数料込で140円)

を考えれば主要なモデルのほとんどは

日本円では5万ほどとなるわけです。



英国のオックスフォード近くにある

ビスタ―ビレッジという

アウトレットショップまで行けば

200ポンドほどで手に入ります。

私の所有するフランクリンというモデルの靴は

タックスリファンド有りで150ポンドほど、

当時のレートで2.5万という驚異の価格でした。


britishlover.hatenablog.com

フランクリンはブログ開設時に紹介しました。

もはや日本で購入するメリットなんて

私にはありません。


当然、英国にまで行けるだけの

時間的余裕がないと難しいわけですが

それでも日本国内でのチャーチの価格は

ちょっと高いです。

個人輸入で手に入れる場合、

大体過去の事例を見ていると

5万~6万ほどかかるらしいです。

つまり日本の代理店はマージンとして3~4万ほど取っていることになります。

個人輸入の場合、

試着できないディメリットもあるので

この価格差をどう考えるかですね。



そして、さらに価格差がひどいのが

エドグリとジョンロブでしょう。

エドグリはこの円高原油価格の暴落の情勢

の中値上げに踏み切りました。

18万以上はもはや

靴の値段ではなくなっています。


ジョンロブも全く値下げする兆しがありませんね。

ジョンロブの場合、英国靴の割には

トゥが尖ってるので、そもそも購入対象外ですが。


エドワードグリーンでは毎年、

ストラスブルゴ、伊勢丹で本国からスタッフを

呼んでオーダー会を開催していますが、

毎回盛況のようです。

やはりこれだけ高くても買う人

がいるんでしょうね。


このまま行くと10年後にはエドワードグリーン

チェルシーが30万なんてことに

なるんでしょうか。


またイギリスに行く時に

ファクトリーで購入したいです。