読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハケットロンドンのリージェントストリート店

今回、ハケットの2点を購入した

リージェントストリートについて

いくつか情報をまとめておこうと思います。


まずハケットはロンドン市内に数店舗を構えており

リージェントストリート店は本店となります。

今回、行ったのはリージェント店のみですが

特徴的だったのは会員専用のバーがあること。

今回、スーツを購入したことで

私も会員になることが出来ました。


会員になると

バーで無料でシャンパン、ワイン、カクテルを

飲むことが出来ます。

そして、会員登録にメアドを登録することで

会員専用のホームページから

自分の購入履歴やハケットに関する最新情報

の確認も可能となります。

そして、誕生日にはハケットから

15パーセントオフクーポンが送られてくるそうです。

日本のハケットは会員制がなく、

ホームページもないので、これは大きな違いと言えるでしょう。


そして、商品展開について。


スーツ、シャツ、ネクタイなど

すべて揃っていることは当たり前ですが

私が見る限り現時点での日本のハケットには

見られないものばかり。


日本とイギリスではどうやらかなり規格が違うようです。

シャツではギザコットンシャツで150ポンド。

これは価格的には日本のハケットにあるイギリス製シャツ

にあたると思われますが、シャツのデザインなどを見る限り

日本のハケットとまったく同じものを扱ってるわけではなさそう。


それ以外の商品に関しても

日本のハケットとはかなり品揃えが違うイメージです。

カフスも日本のハケットとは一つとして同じものがありませんでした。

スターリングシルバーのカフスが75ポンド~。

ちょっとお高いものだと200ポンドほどのカフスもあります。


最近、日本のハケットでも靴の取り扱いが始まりましたが

リージェント店ではイタリアの靴ブランドのカルミナによる

靴があったのは驚きでした。

イタリア靴といっても決してトンガリ靴ではなく

店員さんによるとカルミナがハケットのために

特別にイギリス靴仕様で作ったそうです。

価格は350ポンドほど。



商品展開がかなり違うので

イギリスと日本のハケットの価格を比べるのは難しいです。

本国のほうが価格的には手に入れやすいのは

仕方のないことですが、日本のハケットも

他ブランドと比べるとまだまだ良心的ではないかと思います。

会員制はぜひ日本のハケットも導入してもらいたいですね。

自分が購入したスーツ、ジャケットなどのサイズを

細かく記入できるので便利です。

英国での収穫物(第3弾)

ロンドンでの収穫品第3弾。

ハケットのネイビースーツです。


f:id:brimania:20160923154502j:plain


冬物のウール素材。

生地はフォックスブラザーズです。

f:id:brimania:20160923154923j:plain


価格は1000ポンドですので

タックスリファンド後の日本価格で13ほどです。

高かったですが

フォックスのスーツが前々から欲しかったのと

ネイビーのウールスーツを狙っていたのが

重なり、購入を決意。

おかげで購入予定が

かなり狂ってしまいましたが

大満足です。


素材の良さが生地感から滲み出ています。

肩パットも入ってますが、

適度な軽やかさがあります。

シルエットもキレイで

エドグリのチェルシーとも

バッチリ合いそうです。

これから最低10年は着れるスーツ。

ハケットで生地バンチを見るたびに

「いいなあ」「欲しいなあ」

と思ってました。

これでもうスーツは夏冬共に

ほとんど買い揃えた感じですね。

あとは冬物ネイビージャケット

でしょうか。

(まだ買うのかい!)

今のところネイビージャケットは

コーデュロイのものしかなく

ネイビーの濃淡を変えていくつか

持っておきたいところです。

ですが、最近買いすぎなので

しばらく自重します。

英国での収穫品(第2弾)

英国での収穫品第2弾です。


f:id:brimania:20160914162653j:plain


購入場所は

ロンドンのリージェントストリート店。

価格はイギリスポンドで650

タックスリファンド後で日本円にして7.5万ほど。


中地はイタリア生地のカノニコ。


f:id:brimania:20160914162646j:plain


f:id:brimania:20160914162630j:plain


中に紐があり、これを引っ張ると

わき腹の辺りが締まり、

シルエットが細身に見えます。

一見して薄手のように見えますが

中に厚手のニットなどを着こんでも

シルエットをキープできます。

1月から3月まではカジュアルスタイルが多くなるので

その時期に重宝しそうです。


アウターは

1 グレンフェルのトレンチ(ネイビー) 
(2014年11月くらいにヴァルカナイズ丸の内店で購入、未公開)

2 グレンフェルのダッフル
(2015年11月くらいにヴァルカナイズ丸の内店で購入、公開済み)

britishlover.hatenablog.com


3 同じくグレンフェルの黒のジャケット 
(2015年3月バーニーズニューヨークアウトレットで購入、公開済み)

britishlover.hatenablog.com


4 黒のバブアー 
(2013年くらいにハケット丸の内店で購入、未公開)


5 ハケットのオイルドジャケット
(ハケット丸の内店で2年ほど前に購入、未公開)

6 ハケットのダークブラウンコート 
(ハケット丸の内店で2年ほど前に購入、未公開)

7 ラベンハムのウールトレンチ 
伊勢丹で3年ほど前に購入、未公開)



我ながらこうしてみると結構、揃ってきました。

しかし

出来ればあとスーツの上に着る

ネイビーのアウターが欲しいなと考えてます。

買いすぎか、、、、


未公開のものについては

今冬中にいくつか紹介します。

英国での収穫品(第一弾)

エドワードグリーン

念願のノーサンプトン初訪問。

その時に購入した

エドワードグリーンのチェルシーです。

f:id:brimania:20160914161718j:plain


f:id:brimania:20160914161636j:plain


少し皺が入ってしまっていますが

このくらいは許容範囲内です。



エドグリのチェルシーは買おう買おうと思って

日本での価格の高さゆえに

最後の一歩が踏み出せずにいました。

今回の購入価格はイギリスポンドで600.

タックスリファンド入れて日本円で7万ほどでしょうか。


ノーサンプトンのファクトリーで

ダークオークチェルシー

があったのはまさに奇跡でした。

サイズは6.

写真はブリフトアッシュで

初期メンテしてもらい

つま先が鏡面磨きになっています。

ラストは202

インソールは旧式のロゴ。


f:id:brimania:20160914161659j:plain


なので、生産されて、

ファクトリーにかなり長い間

保管されていたんだと思います。

靴を磨いてもらった際、

ブリフトアッシュの方も革が

乾いていると言ってました。



ちなみに他の方のブログでも書かれていましたが

発音は

ノーサンプトン

ではないかと思います。

ロンドンのユーストン駅のアナウンスでも

ノーザンプトン

ではなく

ノーサンプトン

と発音されていました。


そして

購入直後の更新でも言及しましたが

britishlover.hatenablog.com

ファクトリー訪問に際して

特に予約は必要なく

いつでも好きな時に訪問できるそうです。

なので、

みなさん気兼ねなく行っちゃいましょう。

ハケットロンドンのアウター

これで英国滞在中の買い物はほぼ終了です。

今日はハケットのリージェントストリート店

でアウタージャケットをゲットしました。

写真は帰国後にまとめて載せます。


我ながら良い買い物しました。

トリッカーズ手に入れられなかったのは

残念ですが、チャーチのスウェード

チェットウィンドがあるので

しばらくはカジュアルシューズは

必要ありません。


これ以上の買い物は自重します。

他に欲しいものはあるのですが、、、

速報(エドワードグリーンのチェルシーinノーサンプトン)

エドワードグリーン

本日、ノーサンプトンで靴を購入しました。

写真は部屋の明かりが暗いので、帰国したら載せます。

なので、今日はとりあえず速報ということで。


ノーサンプトンの写真などは、他の方々も

ブログで紹介されているので、こちらでは載せません。

なぜわざわざ速報するのかというと、

お店の方に告知してほしいと頼まれたことがあるから。


私が購入したのはエドワードグリーンのチェルシーですが

今回の訪問前、他の方のブログを参考にして

事前予約をしようと電話したのですが、予約は必要ないから

いつでも好きな時に来ても問題ないといわれました。

ファクトリーショップに来るほとんどの方が予約が必要だと

勘違いしてくるらしいですが、実際は必要ないとのことです。


私が現在、滞在しているのはイギリスの南方の町ブライトン。

ブライトンからロンドンまではコーチで移動。

そこからノーサンプトンまでは電車で向かいました。

その後、真っ先にエドワードグリーンのショップへ。

ショップに入るとマイサイズのチェルシーを発見、即購入と相成りました。


価格はちょっと高めで595ポンド。

エドグリのショップの価格帯は2つあり、

一つは美品で私が購入した595ポンドのライン。

そしてちょっとした傷があるものに関しては395ポンド。

モデルは自分のサイズのところしか細かく見ていませんが

各サイズそれなりに種類がそろっています。

マイサイズの6はチェルシーバークレードーバーなど

揃っていましたが、ダークオークは今回購入した一点のみ。

運が良かったです。

ロンドンで買わずにわざわざノーサンプトンまで来た労力を

考えると少し高めですが、それでも日本価格の半額以下で

購入できたので良しとします。


今回の訪問で感じたのですが、エドワードグリーンのショップは

他のショップとは異なり、自分で勝手に入って

購入することが出来ない形になっているため

事前予約という誤解が生まれてしまったのではないでしょうか。

確かなことはわかりませんが、

店の方も事前予約が必要だなんて一回も言っていないのに

なぜこのようなことになったのか分からないと話していました。

それでも今回のように訪問が8月頃になる場合は

ショップ自体が夏休みに入っていることも考えられるので

開いているかどうかの確認くらいは電話でしたほうがいいかもしれませんし

そのついでに予約が必要か再確認をしておいたほうがいいかもしれません。

実際、8月上旬にショップに電話したら夏休みで誰も出ませんでした。



私が購入したチェルシーは帰国後に写真を載せます。

次回、更新はハケットです。

やってしまった

ハケットロンドン

買うつもりがなかったのに

やってしまいました。


前の更新で書いた、購入予定一覧。

早くも予定が狂ってしまいました。


数日前からハケットのスーツが気になりはじめたのが事の発端。

昨日、ロンドンに立ち寄った時にリージェントストリート沿い

のハケット店で試着だけと固く心に決めていたのですが

最後の一点という言葉に惑わされ買ってしまいました。


お店の店員もすごくジェントルマンで、カッコいい!

なぜ買ってしまったのかというと

もちろん日本の価格よりも確実に安いだろうという

確信もあったのですが、

スーツ生地がフォックスブラザーズであったこと。


この生地、フラノのため、夏は暑くて着れず

完全に冬向きの生地ですが

前々からいつかこの生地のスーツが欲しいと

思っていました。


価格は1000ポンドほど。

日本で買えば確実に15万以上するスーツです。

(ハケット銀座のスーツを見てると18万くらいしても

おかしくないかも)

今のレートならタックスリファンドを入れて12万ほどで

購入できたことになります。


直しの完成は25日。

帰国が9月9日なので、まだ十分に間に合います。


今回の購入でトリッカーズは購入できなくなります。

エドワードグリーンは譲れません(笑)


受け取り後、こちらで披露します。